乳児湿疹とは、その予防法と治療法

乳児湿疹とは、その予防法と治療法

乳児湿疹とは

赤ちゃんの顔や体に出る赤い湿疹をまとめて乳児湿疹と呼びます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのおなかの中にいたときもらったホルモンの影響により、皮膚の分泌が活発になるため皮膚のトラブルが起こりやすくなります。
とくに髪の毛の生え際やおでこは皮脂腺が良く発達しているため、症状が悪化しやすい傾向にあります。乳児湿疹は汗腺が出来上がる一ヶ月ごろから見られます。

 

ほとんどの場合1〜2ヶ月ほどで自然に治ることが多いのですが、繰り返し症状が 出たり、なかなか治癒しない場合もあります。
6ヶ月頃になれば症状もなくなり自然に治ることがほとんどです。

 

ただ、アトピー性皮膚炎に移行することもある ので、長引くような場合には市販の薬を使う前に病院で診察を受けましょう。

 

乳児湿疹を防ぐには

乳児湿疹を防ぐには、分泌していく皮脂の汚れを洗いすぎないようにキレイに洗い流し、皮膚を清潔にすることが大事です。1日1回は入浴しその際には弱酸性の刺激のない石鹸を使ってきれいに洗います。
ふけのようなものは、ていねいに洗い流すだけでキレイになってきます。

 

その上で無香料ノンアルコールの保湿性のあるベリーオイルを塗っておくとよいでしょう。

 

もし湿疹がみられたら

もし湿疹がみられたら、かさぶたになった部分をベビーオイルをたっぷり浸したコットンをあててふやかします。
時間を置くとはがれやすくなるので、入浴前30分間は出来ればそのままにしておきましょう。
かさぶたを十分にふやかしたら、シャンプーや石鹸できれいに洗います。泡が残らないように洗い流したら、よくふき取って処方された外用薬を塗りましょう。
外用薬でかさぶたがやわらかくなり、浮き上がってくるので、ベビーオイルでやさしく拭けば無理なく剥がせます。
そのあとで石鹸でよく洗います。ふやかして洗ってもなかなかかさぶたがある場合は、無理をせず、自然に取れるのを待ちましょう。

 

初期の湿疹ならこのような家庭でのケアでよくなりますが、かさぶたがこびりついてひどくなったり、かゆみがある、症状が良くわからない場合は、小児科や皮膚科を受診してください。