赤ちゃん アトピー お風呂 塩素

水道水の塩素はアトピーには良くありません。

アトピー性皮膚炎になった赤ちゃんには、皮膚を常に清潔に保つことが重要です。

 

赤ちゃんの皮膚には毎日でる汗やよごれ、部屋内のほこりやハウスダストがついており、これを入浴の酔って落とすことが肝要になってきます。

 

しかし、水道水を使ってお風呂に入れるのはあまりオススメできません。
なぜなら水道水には、水を殺菌処理するための塩素が含まれているからです。
塩素を含む水道水は肌を刺激してしまい、皮膚のバリア機能を破壊しアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう可能性をもっています。

 

塩素を除去しましょう

また水道水にはトリハロメタンや鉛、農薬やカビなどのアトピー性皮膚炎にはよくない有害物質が含まれています。
そのためアトピー性皮膚炎の赤ちゃんにお風呂を入れる際には、塩素やこれらの有害物質を除去することが必要になってきます。

 

ビタミンC

塩素を除去する方法としてはビタミンCを使うことが一番簡単な方法です。
浴槽にビタミンCのカプセルを1つ入れることで、塩素を中和することが出来ます。
ビタミンCには還元性が有り、塩素を無害な塩素イオンに還元する力を持っています。
ビタミンCのカプセルがなければ、蜜柑の皮や柑橘類の果汁をいれてもいいでしょう。

 

【300g+おまけ2グラムスティック1本付き】(メール便送料無料)高品質国産ビタミンC粉末(L-アスコルビン酸)美容・健康維持・残留塩素除去に!(計量スプーン付)

 

 

活性炭

また他の方法として、活性炭を使う方法があります。
炭は塩素を吸着するので、浴槽にいれると塩素を除去することが出来ます。
ただし、少しの痰を沈めるだけでは吸着が終わるまで時間が掛かるため大きな浴槽では炭の量という弱点があります。
炭は備長炭や竹炭など多くの製品が売られているので、浴槽にあった物を選ぶとイイでしょう。

 

オガ備長炭10kg、2級、長時間燃焼

 

 

シャワーヘッド浄水器

また最近のシャワーには塩素を除去するシャワーヘッドを備えている場合があります。
シャワーヘッドはホームセンターなどに行けば4000〜5000円で買えるので付け替えるとよいかもしれません。

 



 

 

井戸水や温泉水

また、井戸水や温泉水を使える人はこれらの天然の水を使うといいでしょう。
特に、単純泉や弱アルカリ泉をお勧めしたいです。酸性泉や硫黄泉は肌を刺激するのでよくありません。
特に循環式を使ってる所は塩素が入っているので危険です。温泉を使う場合は使う前に必ず確かめて、掛け流しの温泉を選ぶようにしましょう。

 

 

お風呂で汚れを落とすことは大切なことですが、浸かる水そのものの質が悪いと皮膚を傷つける結果になってしまったり、アレルゲンの侵入が激しくなったりして、アトピー性皮膚炎が悪化する可能性があります。
アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのために、すこしでも皮膚の炎症を少しでも軽くしてあげられるように生活の中で工夫していくといいでしょう。